SUZUKO TAKAYAMA 吟詠
高山すづ子雅号・高山鈴風









吟詠 声をお聞きください

suzuko takayama myspace









SUZUKO TAKAYAMA 本名・高山すづ子
雅号・高山鈴風 はキングレコード吟詠剣詩舞会の専属芸術家でもあり、師範でした。















高山すづ子は昭和57年第12回クラウン全国吟詠コンクール甲信越地区大会において優秀賞をクラウンレコード株式会社・社長・伊藤正憲氏より受けました。








雅号 高山鈴風 ・本名 高山すづ子は昭和63年5月29日にキングレコード株式会社のキングレコード吟詠剣詩舞会・会長・満留紀弘氏から委嘱もうけ伝統文化継承に貢献させていただきました。



このほかに多数受賞しています。






。。。。。。。。。賞状関係のインテリジェンス。。。。。。。。。。。

クラウンレコード株式会社 社長 伊藤正憲氏の略歴

日本クラウン株式会社 Nippon Crown Co, Ltd.
日本の総合音楽企業。商標名はクラウンレコードで、
1973年から1990年の間は、社名もクラウンレコード株式会社。

アーティスト主導の業務内容を打ち出した日本初のレコード会社。

1963年9月、日本コロムビア常務兼レコード事業部長だった辣腕プロデューサーの伊藤正憲が、
有田一壽(若松築港社長、後に新自由クラブ参議院議員)と三菱電機の支援を得て独立。
馬淵玄三(五木寛之の連作小説[1]のモデルになった同社文芸部ディレクター)、
斎藤昇(同ディレクター、後に社長〜会長)、星野哲郎(作詞家)、
米山正夫(作曲家)、美空ひばり、北島三郎、水前寺清子らが伊藤正憲を慕い行動を共にした。
最初に契約した新人は西郷輝彦。
1972年 専属 作曲家・市川昭介 〜 ほか

。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。

キングレコード株式会社のキングレコード吟詠剣詩舞会・会長・ 満留紀弘氏は
キングレコード株式会社キングレコードディレクター プロデューサー。
日本伝統芸能の企画制作プロデューサー。

。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。




SUZUKO TAKAYAMA 本名・高山すづ子
吟詠雅号・高山鈴風 は信州にて詩吟を始め数々の吟詠コンクールに出場して多数の優秀賞を頂き
キングレコード吟詠剣詩舞会の専属芸術家でもあり、師範でした。

高山すづ子は昭和57年第12回クラウン全国吟詠コンクール甲信越地区大会において優秀賞をクラウンレコード株式会社・社長・伊藤正憲氏より受けました。

吟詠雅号 高山鈴風 ・本名 高山すづ子は昭和63年5月29日にキングレコード株式会社のキングレコード吟詠剣詩舞会・会長・満留紀弘氏から委嘱もうけ伝統文化継承に貢献させていただきました。






高山すづ子(旧姓・塩原すづ子)は信州に生まれ家は代代果樹園を経営していた、信州産フルーツの品種改良を得意としラフランス洋ナシ、巨砲ぶどう、リンゴ等の新種を研究し、創り出した改良新種フルーツが食卓に上がっていた、私が幼少の1959年頃から すづ子の実家に試食しに行くのが楽しみだった、広い納屋にはリンゴや葡萄を送り出す為の木の箱が沢山積んであり木の香りと熟れたフルーツの甘い香りが充満した空間で夜の白黒テレビ番組西部劇 ララミー牧場やローハイドーなどの放映時間を待ったものである。










子供の頃のすづ子は近くのワイナリーでワイン制作の手伝いをしていて渋みのあるワインを醸すには葡萄の蔓をブレンドして醸すのだと話していた。

写真所蔵は塩原俊郎










すづ子は洋裁学園に通っていたので和裁洋裁は得意でセーターなどハイカラなデザインでよく創ってくれた。着ているとよく誰が作ったのいいねと話題にされた。
私の小学校の担任は授業参観には必ず母すづ子がくる様にとファンのような念をおされたものだった、子供心にかなりいけてる母親だった。



すづ子の自慢の兄は戦時中、学童教員もしていた真空管ラジオを製作するのが得意で近所の家のラジオを直してあげていて、音量が小さくなったラジオは真空管の頭の部分に
ローソクカーボンをいぶすと再生するといっていた、その兄は日本の高度成長期の時代  株式会社・田村電機制作所
日本の公衆電話機のトップメーカー、カウンターでも)の重役 工場長 塩原俊郎である(NTTが電電公社の時代)、俊郎は多数の特許を取得していて
妹のすづ子にも何件か譲渡しようかなどといっていた。晩年は地震予知学をやっているんだよ、と電話で話していた、
塩原俊郎の次女はロサンゼルスに家庭を持つ。

もう3人の兄達の一人は戦時中航空写真を撮影していて後、測量士。後の二人の兄達は果樹園経営フルーツ品種改良家である。

すづ子の姉と妹は3姉妹仲がよく、妹は酒屋を経営しているそのエピソードに俳優・緒方拳が映画のロケ中 妹の酒店にビールを多数買いに来てサインをもらい、店が華やいでいる。

母すづ子は私の幼少の頃よく雑誌リーダーズダイジェストを読めよ、と言っていた。
母のポリシーは弱い立場のかたには暖かく摂しろ、である。そして、すれちがう人には挨拶しろ、である。
よく三角巾包帯の使い方を何度も教えてくれたものである、命を救う三角巾。
初めて買ってもらった本は手塚治虫の漫画本である。




高山行雄は菜園とブドウ園のオーナーであった。


すづ子の夫・高山行雄は地方の議員に立候補した際、全国放送NHKのニュースに取材され道祖神の前で
選挙演説する高山行雄を私が都内のテレビで見た時には驚いた、
、選挙地域の議員任期が全国的にみても
民主的な一期で入れ替わる議員が多いという内容をアピールした1983年の7時のニュースである。
当選し村会議員になり高山行雄は産業委員長として選挙区域の家々に国の有線放送モデル地区構想のはしがけ
にもなったシステム構築を関係者とともに率先し実現した。BS放送を家々に送る、世界のニュースをダイレクトに
村の各家で見れる当時の先進モデル地区になり、CNN ABC MTVなどの番組で明るくなった1980年代中頃。

{(子供達がいとこであると言われることがあるのでここに正確に記す)高山行雄のいとこは女優秋本 奈緒美の祖父の後妻である、秋本 奈緒美嬢は先妻系の遠縁関係である、すづ子は手打ちそばの名手で女優秋本 奈緒美の祖父の好物である手打ちそばを差し入れしていたことがある、秋本 奈緒美嬢の家は松本市伊勢町でジーンズショップとジャズ喫茶を経営していた、女優秋本 奈緒美嬢が歌手デビューコンサートを松本市でお披露目した時には行雄すづ子も招待された、秋本 奈緒美嬢が最初の結婚の時にはお祝い状が届いた。}









高山行雄もすづ子同様吟詠の師範であった。


高山行雄・すづ子夫妻の長男は全国的な書道展で入賞出展歴多数ある書道家でもある。次男は世界の著名音楽家を撮影している写真家であり、レコード本雑誌等で活躍し、若い頃から撮影してきた写真作品の公開に勤しむ
長女は栄養士の資格を有す。


時はながれ高山行雄・すづ子が亡くなり、吟詠を録音したテープが保存してあったなかから録音状態がよいものを選んで
編集しここに追悼しました。

そしてクラウンレコード株式会社 社長 伊藤正憲さんもお亡くなりになりましたが、
母すづ子に吟詠・優秀賞を与えていただき本当にありがとうございます。


キングレコード株式会社のキングレコード吟詠剣詩舞会・会長・ 満留紀弘さんに
母に賞を与えていただいてありがとうございます。

母が亡くなり消沈していた私に満留紀弘さんが電話で、連絡どうもありがとうとおしゃっていただき、
本当にありがとうございました。




すづ子が最も好きな映画スターウォーズの初回記念プレミアムコレクション品。

流星群が現れた時期、杯にお酒をついで星空に揚げて観測したほどの流れ星マニアだった、
こうするといいことがあると言っていた。

すづ子の瞳





すづ子のガーデニング



CONTACT MAIL * suzuko-takayama@hotmail.co.jp
















子供時代に戦禍を生き抜いてきた同級生たちの集い。 手前から2段目 植木側から5人目が高山すづ子(旧姓は塩原すづ子)。 
戦後の復興と高度成長期を支えてきたかたがたです ごくろうさまでした。 写真所蔵・すづ子の同級生の方々